福岡の英会話スクール まじめで厳しいFCCスタッフブログ

FCCの裏舞台をお見せします♪「FCC behind the scene」

英語での「コナレ感」を出すには

こんにちは、阿津坂です。

 

中級4や上級の方から受けたお悩みにこういうものがありました:「ここからもう1歩先に進めるにはどうしたら良いですか?」

 

中級2~3ぐらいから、日常会話はそれほど不自由を感じなくなってくるかと思います。

 

そこからの先をどう進めるか。

 

「句動詞(phrasal verb)やイディオムをもっと勉強するのはどうですか?」とご提案しています。

 

なぜか。難しいレベルの単語に挑戦するのも1つの手だと思いますが、そういった単語は新聞ではよく見かけるので、新聞は楽に読めるようになったりしますが、それ以外ではあまり見かけなかったりします。

 

逆に句動詞やイディオムを意外に知らない方が多い(自分も含めて)。

 

そして、上位レベルに上がった方に見かけることがあるなぁと感じるのが、簡単な会話の中に「すっごい堅い」感じのする難易度の高いレベルを使われていること。

日本語で「この前、友達との飲み会に<出席>したの」とか「そのスカートかわいい! どこで<購入>したの?」と言っているのと同じで、多分ネイティブやよく英語を使う人からすると違和感が感じられると思うのです。

 

それよりも、日常生活によく出てきて、かつ学習が疎かになりがちな句動詞やイディオムを極めるのはいかがでしょうか?

句動詞やイディオムはニュアンスが非常に大事なので、なかなか使う機会がピタっとハマらないといけないし、細かな違いがわかりにくいんですが、だからこそ上手く使いこなせると、非常に「コナレた感」が出るのも確かなところ。

 

今度の『FCCの風』の内容の事前リサーチとして、中級4と上級のテキストを平井と見ていたのですが、上級のテキストで出題されていたイディオムがありました。

その中のいくつかは

eye to eye

behind my(one's) back

at ease

get on my(one's) nerve

というもの。(答えは下に。考えてみてください~)

単語自体は難しいのはあまりないと思いますが、こういった表現を上級でも学びます。こういった表現が使いこなせるように、ということからですね。

 

上級の方と言わず、いろいろなレベルの句動詞やイディオムがあるので、ぜひそれらを駆使して、英語での「コナレ感」を出してみてください~♪ きっと講師から「お! なかなかやるね~」って表情が引き出されると思いますよ(*^^*)ノ

 

ちなみに、下は英語のイディオム「rain cats and dogs」を表したもの。

土砂降りの雨を指すそうですよ!

 

rainstorm-156134_640

 

上記のイディオムの答え:

eye to eye: 真剣に、真心で、真摯に、わだかまりを捨てて

behind one's back: 背後に、陰で、~が見ていないところで

at ease: のんびりして、気楽に、くつろいで

get on one's nerve: 神経(シャク)に障る、腹が立つ