福岡の英会話スクール まじめで厳しいFCCスタッフブログ

FCCの裏舞台をお見せします♪「FCC behind the scene」

洋書にあなたも手を出してみる?

こんにちは、阿津坂です。

 

初級2を受講中の方が、洋書の『Rich Dad Poor Dad』を読んであったので、「すごい!」と思いお話を聞いてみると、「(2週間で)3分の1しか読めませんでした。でも、一度日本語で読んでいたので、なんとなく分かるんですよ」とのこと。

 

日本語版はこの本ですね。一時期、すごく話題になっていたので、読んだという方も、タイトルは聞いたという方も、多いのでは。

 

http://www.chikumashobo.co.jp/photo/book/large/9784480863300.jpg

www.chikumashobo.co.jp

 

「洋書はちょっと……」と思う方も、一度日本語で読んだ本だと、当たりがつけやすいですし「英語ではこういう風に表現するんだ!」という発見があったりします。

 

「とはいっても難しいし、、、」と思われる場合は、アメリカの洋書の方が、比較的シンプルな英語で書かれていることが多いです。

 

アメリカの洋書ってどうやって分かるの?

 

見分け方としては、一番シンプルなのは、値段を見てみること。アメリカのは$表示で、イギリスのは£表示になっています。

 

あのハリー・ポッターの本も、イギリス版とアメリカ版では、使われている単語が違うんですよ!

 

例えば、第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』も、イギリスのオリジナル・タイトルは、”Harry Potter and the Philosopher's Stone”なのですが、アメリカ版では"Harry Potter and the Sorcerer's Stone"と、PhilosopherがSorcererに変えられています。

 

 

ドラマも、日本語字幕で見た後に、英語字幕で見てみる。そうすると、日本語字幕にするのに削ぎ落とされた部分がけっこう見えてきますよ。

 

一度、チャレンジしてみては?